第4回 インタビューゲスト
福生出身のロックバンド
OverTheDogsのみなさん

人

第4回目のゲストは、福生出身のロックバンドOverTheDogsの皆さん(写真左から、Ba./Cho.佐藤ダイキさん、Vo./Gt.恒吉豊さん、Gt./Cho.樋口三四郎さん、Key./Cho.星英二郎さん)です。
七夕まつりやインターナショナルフェアのライブに出演されるなど、福生でも精力的に活動されていて、「オバ犬(けん)」の愛称で親しまれています。
そんなみなさんにニューシングル、ニューアルバムのお話から現在もお住まいの福生にまつわるお話をお伺いしました。

OverTheDogs結成の経緯について教えてください。
恒吉:僕が18歳の時にベースのダイキ(佐藤)と幼馴染とで結成しました。その後いろいろな事情でメンバーが抜けて、また新たにメンバーを募集して、2008年に今のメンバーで固まりました。
福生でライブをするときと他の場所でライブをするときでは、気持ちなどの違いはありますか?
恒吉:身内がいるっていうのが大きいです。照れてしまう気持ちもありますけど、あったかくて味方が多い感じがします。あとは見慣れた、歩き慣れたところでライブをやるっていうのは特別ですよね。
樋口:福生でやる時はいつも屋外で晴れている印象があって、雰囲気だったり気温のせいもあるのか、あったかいイメージがあります。
佐藤:気持ちの部分でやっぱり違うところがありますね。自分でもよくわかっていないんですけど…地元だし、知っている人が見ているというのもあるので緊張はするかもしれないですね。
星:福生で知り合ったお店の人とか、知っている人が見てくれている分、期待に応えなきゃっていう気持ちがはじっこの方にありますね。
福生の好きなところ、よく行くところはどんなところですか?
恒吉:ベタですけどやっぱり16号沿いは独特の空気があって、美味しいお店も多いし、魅力的ですね。あと僕公園が好きなので、公園にはよく行きますよ。お店だと「まいまいず」とか「石川屋」に行きます。
樋口:16号沿いには面白いギターや服が売っていて、しかもいい意味であんまり知られていないので、自分は知っているぞという感じがありますね。自転車で東福生とか横田基地沿い辺りをふらふらして面白そうなところに行ったりします。
佐藤:小さなころから福生駅から国道16号方面、東の方は「大人な世界」というイメージがあったんです。線路から西口方面はおもちゃ屋さんがいっぱいあるイメージ。だから小中学生の頃は、自転車で福生に遊びに来ることがあっても東口方面には行ったことがなかったです。最近では駅前の西友で洋服を買ったりします。
恒吉:一番地元民っぽい(笑)
星:自分が生まれたのは足立で、インパクトのあるまちには慣れてたんですけど、福生の人たちは人間力が濃い感じがします。会う人会う人濃いなあって思います。お店だと「いぬい」が好きです。主食にしたいです!
10月に発売されたシングル「プレゼントの降る街」にちなんで…今までにもらったプレゼントで一番嬉しかったものは何ですか?
佐藤:誕生日に、ずっと欲しいと言っていたベースをメンバーがくれたんですよ。ただ、欲しいものとちょっと違ったんですけど…でもその気持ちが嬉しかったです。
恒吉:小さい時に誕生日に熱を出してしまったので、誕生日会ができないなと思ってたんですけど、両親がちゃんとケーキを買ってくれて。具合が悪かったのでたくさんは食べられなかったんですけど、そんな中でのケーキは格別でしたね。
樋口:ジェフ・ベックのライブを見に行った時、その人が最初の一音を引いた瞬間になぜか泣いてしまって。勝手にジェフ・ベックからその音をプレゼントされたと思っています。自分も演奏者として、聞く人にそういった音を一つでもあげられるようになりたいなと思いますね。
星:みんないっぱいくれるので選びきれないですね。誕生日とか会を開いてくれる、空気感が好きです。祝ってくれることがプレゼントだと思ってます。
恒吉:あとはみんながこのCDを買ってくれることがプレゼントですね!
佐藤:俺達からのプレゼントでもあるし、みんなが受け取ってくれるっていうこともプレゼントだしね。
11月にニューアルバム「プレゼント」がリリースされますが、ニューアルバムの聴きどころを教えてください。
恒吉:歌詞とメロディーがすごくわかりやすいというか、自分で好きです。自分の曲はどんなアレンジをしてもいいものだと思っているんですね。それが全部手を抜かないでできたので、そこが聴きどころですね。
樋口:「凡考性命紊(はんこうせいめいぶん) 」という曲でサイレンが入っているんですけど、それは僕の声です。
全員:ギターのことじゃないの?(笑)
佐藤:前作(「トケメグル」)やミニアルバム(「トイウ、モノガ、アルナラ」)よりもメンバーのやりたいことをものすごくやったアルバムだなと思います。
星:僕は自分で聴いて楽しいなと思えるものにできたなと思っています。メンバーそれぞれそう思えるので、全員が満足するものが作れたかなと思います。それぞれの楽器の自然な響きや根本の良さを聴いてもらえたら嬉しいです。
最後にメッセージをお願いします。
恒吉:福生にまだまだOverTheDogsが浸透していないと思うので、サイトをきっかけに聞いてもらったり、すでに知っている人にはもっと深く知ってほしいなと思います。
樋口:福生の人は福生のまちが好きだと思うんですけど、僕たちも福生が好きです。
佐藤:福生に住んでいる人はもっと福生を素敵なまちに、住んでいない人は福生に来てみんなで楽しいまちにしていけたらいいと思います。
恒吉:なんでバンドのことよりも福生のことばっかり言うの?(笑)バンドのことも言おうよ!
佐藤:で、その上でみんながOverTheDogsを知ってくれて、広がっていったら嬉しいですね。
星:「福生といえばOverTheDogs」と言われるように頑張っていくので、みなさんもちょっとでもOverTheDogsのことを応援してもらえたら嬉しいです。

「福生といえばOverTheDogsと言われるようになりたい」というコメントにあらわれるように、福生への愛着や思いが伝わるインタビューとなりました。ライブのMCやインタビュー中はとても仲のよさそうな雰囲気でお話しされていましたが、そのあたたかい雰囲気が楽曲にも出ているのではないでしょうか。
「犬つながり」ということで福生ドッグとのコラボ構想も進行中なのだとか。今後の活躍が楽しみです!

撮影者:峯山導雄
撮影協力:PHOTO STUDIO P2H

OverTheDogs OFFICIAL SITE

2002年にVo.恒吉豊を中心に福生で結成、2011年メジャーデビュー。ゼロ年代の純文学と共振する独特の歌詞世界とVo.&Gt.恒吉のハイトーンボイスで熱い視線を集めている。10月17日にメジャーデビュー後初のシングル「プレゼントの降る街」を発表。11月7日には2ndフルアルバム「プレゼント」を発売予定。

1
3
4
5
6
next_page
9
ページのトップへ