洋/特集

アメリカンな雑貨や家具が好きな方は、ぜひ福生へ。そんなショップが国道16号線沿いには多く並びます。その他にも市内には知る人ぞ知る穴場のお店がたくさんあります。中にはコレクターの間でも人気の、貴重なグッズを扱うお店もあります。

レストランやカフェも、どことなく外国の雰囲気が漂う福生のお店。本場の味とボリュームを楽しむことができます。またアメリカンテイストのお店だけでなく、イタリア料理や中華料理、タイ料理にインド料理といったエスニック系まで幅広いジャンルのお店があるのも福生の魅力です。

横田基地に従事する米軍関係者やその家族が住むために作られた建物、通称「米軍ハウス」。ハウスは多くの若者たちを惹きつけ、独特の融合文化が育まれました。今ではその多くに一般の日本人の方々が住んでいます。何となく異国文化を感じる平屋のハウスは、福生の街並みの個性にもなっています。

ハウスでは、ちょっとしたことは「自分で修理する」というのが当たり前。ひとつひとつのハウスに、住人のこだわりと愛着を感じます。時には近所の人たちとバーベキューやハウスパーティーを楽しんだりと、人とのつながりも実感。暮らして行く上で大切なことに気づかせてくれます。

地元にある2つのハム工場が福生ドッグ専用に開発した、長さ16cm(国道16号線をイメージ)×太さ23mm(23はフッサと読める)の特製ソーセージを使い、各お店自慢の具材やソースなどと一緒にはさんで完成。基地のまち「福生」の新ご当地グルメ、それが「福生ドッグ」なのです。

福生ドッグを食べられるのは、福生だけ。各お店のアイデアとこだわりが凝縮されているから、味も見た目もひとつとして同じものはありません。自分好みの福生ドッグを求めて、いくつかのお店を食べ歩くのが福生ドッグの楽しみ方。きっとお気に入りの福生ドッグが見つかります。

ページのトップへ