洋/特集

福生にはたくさんの公園があります。中でも多摩川沿いにある多摩川中央公園や福生かに坂公園、福生南公園は、河川敷の豊かな自然を生かした広々とした造りになっています。多摩川の川面と青空を眺めて心とからだをリフレッシュする、市民の癒しの場となっています。

公園内には子どもからお年寄りまで利用できるさまざまな遊具のほか、ジョギングコースやテニスコート、さらにはバーベキュー場などもあり、施設が充実しているのも福生の公園の特徴です。平日も休日も、家族に優しい公園です。

もともとは、江戸の急激な人口増加に伴なう飲料水不足を解消するために通水した玉川上水。市内には今でも舟着き場や分水の洗い場の跡が残ります。水面を覆うように広がる周りの木々や水音は、都市部にはない自然との調和を感じさせ、私たちを癒してくれます。

福生には、玉川上水を中心にした散策コースがいくつもあります。水と緑に囲まれての散策はいかがでしょうか。玉川上水に沿って歩くコースや多摩川まで足を延ばすコース、お寺や分水を見ることができるコースなど、玉川上水のさまざまな顔を見ることができます。

四季折々の自然の表情を見せてくれる多摩川ですが、その中でも春の桜並木は圧巻です。その数およそ500本、2.5kmも続くソメイヨシノの並木道は、私たちを楽しませてくれます。開花に合わせて3月下旬から4月上旬には「ふっさ桜まつり」が開催され、毎年多くの人が訪れます。

自然の魅力あふれる福生では、花や緑を身近に感じることができます。多摩川中央公園では水仙や花菖蒲が、福生柳山公園では彼岸花が彩りを添えます。新緑の頃の瑞々しい緑、紅葉の時期の美しい木の葉に、それぞれの季節を感じてみませんか。

ページのトップへ