What's fussa style

「fussa Style」(福生スタイル)は、福生市の魅力を紹介する地域ポータルサイトです。
サイト名の「fussa Style」は、現在福生に住んでいる人、以前住んでいた人、これから住んでみたいと思う人、また仕事や旅行で訪れる人など、福生に関わりのあるすべての「福生人」たちの、福生の楽しみ方や過ごし方、ライフスタイルを意味しています。また、福生から生まれるアートやファッション、ミュージックなどのさまざまなカルチャーも「fussa Style」です。

和と洋、そして自然を楽しめるまち、それが福生です。
横田基地のある福生は、昭和51年(1976年)に芥川賞を受賞した、作家・村上龍さんの小説「限りなく透明に近いブルー」の舞台にもなり、アメリカ文化に憧れた若者たちでにぎわいました。いまでも基地前を通る国道16号線沿いは、アメリカの雰囲気にあふれるショッピングストリートとして、人気スポットとなっています。 また、福生市内を通る奥多摩街道沿いには、多摩の歴史を物語る「蔵」が点在し、和のまち並みを感じさせてくれます。そして、市内西側にあたる多摩川周辺は、緑豊かな自然とふれ合うことができるエリアとして、福生人の憩いの場ともなっています。

「fussa Style」では、そんな福生の魅力を「和」「洋」「自然」の特集テーマにわけて紹介しています。特集テーマでは、福生のまち全体のイメージをお伝えするために、できるだけ客観的な表現にこだわりました。その分、物足りなさを感じる内容になっているかも知れません。それは、皆さまに是非一度福生を訪れていただき、皆さまの感性で福生のまちを感じていただきたいと思っているからです。サイトだけでは福生の魅力は伝えきれません。あくまでも福生への玄関としてサイトを位置づけました。また、3つのテーマを含めてさらに知りたい方のために、7つのカテゴリーごとの詳しい福生情報へアクセスすることができます。

「fussa Style」を通じて福生の魅力にふれていただき、あなたの”fussa Style”を見つけてください。

ページのトップへ